これを買えば間違いない!お勧めモニタ

重要なインターフェースであるモニタ(ディスプレイ)の選び方を具体例をあげてご紹介しています。

独学!未経験からWebデザイナーになる!! > コーヒーブレイク > Webデザイン用モニタの選び方 > これを買えば間違いない!お勧めモニタ

これを買えば間違いない!お勧めモニタ

Webデザイン用モニタの選び方の続きです。うんちくはこれくらいにしておき(笑)、ここでは具体的に、これを買っておけば間違いはない!というお勧めモニタをご紹介します。

とはいっても、さすがにお勧めモニタというのは少ないです。なぜなら、昨今は低価格化が進み、その分品質も下がっているから。粗悪なモニタが氾濫しているのです。

しかしそんな時代にも、良い製品は少ないながら存在しています。下記にご紹介するのは、つねに良いモニタを探してきた目の肥えた(笑)私がお勧めする、安心して使える製品です。もちろんカタログスペックだけでお勧めしているのではなく、実際に(デジタル接続された)店頭でも確認していますし、中には私が使っている製品もあります。是非モニタ選びの参考にしてくださいね。

 

目に優しいモニタ - 目が疲れやすい人にお勧め!

私は視力は普通ですが、なぜだか長時間作業をすると目が疲れやすかったのです。今だからわかりますが、ギラツキがひどく、輝度を下げられないモニタを使っていたからなんですね。実は現在販売されているモニタの多くはギラツキが多く、満足に輝度を下げられません。前述しましたが、粗悪な低コストモニタが氾濫しているからなのです。

目が疲れてしまっては学習もはかどりませんし、なにより視力の低下にもつながりかねません。ですから、できるかぎり目に優しいモニターを使いたいという人も多いのではないでしょうか。下記にご紹介するのは、そのような方にお勧めのモニタです。

不思議なことに、目の優しさを追求すると、国産パネルで画質が良い物しかありません。ちょっと高めですが、目の健康を大事にしつつ、画質も良いので、私も一押しのモデルです。(もうちょっと画面が大きければ最高なのですが)

 

NANAO FlexScan L997-R icon

21.3インチ HITACHI S-IPS(IPS方式)
実売14万円前後
最安13万円前後


L997は、今や本当に貴重(絶滅寸前)な高級パネルである「HITACHI S-IPS」を採用しているモニタです。ギラツキが無く、輝度も驚くほど低くまで下げられるので、とても目に優しいです。実際に私も毎日長時間使っていますが、とても満足しています。あまりにも良かったので、1台買った後、2台買い増してしまったくらいです(笑)

しかし、L997の本来の売りは目の優しさではなく、実は画質です。発色が良く、グラデーションもキレイに表示されます。また、視野角の広さも圧倒的で、斜めから見てもとてもきれいです(NANAOのL695というIPSのモニタも持っていますが、そちらよりも良いです)。ですから、Webデザイナーとして長時間作業するには非常に頼もしいモニタと言えるでしょう。

もちろんいいところだけでは無く、悪いところもあります。それはスタンドが高いところ。高すぎたので、私は改造してしまいました(笑)。あと、ベゼル(枠)が少し太め。それが気にならないのであれば、L997は一般向けモニタの中では最高レベルの機種です。

さすがにお値段がちょっと高いですが、ナナオ(EIZO)製品は基本的に5年保証ですので、高いお金を出すだけのメリットはあります。ちなみにナナオってどこのメーカー?と思われる方もいるかもしれませんが、モニタメーカーとしては非常に有名な会社です。特に色を正確に扱うDTP用途では、デザイナーから強く信頼されているメーカーです。

 

NEC LCD2190UXi

21.3インチNEC SA-SFT(IPS方式) 
実売14万円前後
最安12~13万円前後

NANAO FlexScan L997と同レベルの目の優しさと画質を誇っているNECの上位機種です。L997と同様に、これを買っておけば、目の優しさと画質に関して後悔することはまず無いでしょう。

あえて違うところを説明すると、こちらの機種は中間調の応答速度を改善する機能がついているので、L997よりも応答速度が速いです。ですので、画質良し、動画(Webで言えばFlash等)も可という優れた機種といえます。※とはいっても、もともと液晶は特性上動画が得意ではないので、CRT使いの方からしたらL997と大して変わらないかもしれませんが。

L997と迷ってしまいますが、デザインや色で決めてもいいと思います。こちらは色が黒だけですが、個人的にはL997よりもしまっていてかっこいいと思います。それにベゼルも狭いですから、デュアルモニタ用途にも最適です。

グラフィックスに適したモニタ - Photoshop,Illustratorをより快適に使いたい人にお勧め!

正確に言えば、前述の「目に優しいモニタ 」で紹介したモニタもグラフィックス用途に適しています。ただし、PhotoshopやIllustratorをより快適に使うには、画質だけではなく、画面の広さも重要です。画面がパレット(パネル)で占領されていたら使いづらいですからね。ここでご紹介するのは、パレットがじゃまにならない高解像度のワイドモニタです。

NEC LCD2490WUXi

24.1インチLG H-IPS(IPS方式)
実売13万円前後
最安10万円前後

24.1インチのモニタは国産パネルが無く、ギラツキモニタが多いのですが、こちらは画質と一定以上の目の優しさを保っています。

この機種はLGの液晶パネルを搭載しているモデル。LGのパネルといえば以前はギラツキがひどく、液晶品質がかなり悪かったのですが、このH-IPSモデルからはいきなり品質が向上しました。色も十分綺麗に出ており、応答速度も液晶の中では良い方です。また、表示ムラ制御もあるので、画面のムラが少ないです。

ただ、個人的にはLCD2190UXiやL997と比べてしまうと、多少のギラツキ感は感じます(というか前2機種がギラツキが無さ過ぎる為で、この機種が悪いわけではありません)。LCD2190UXiやL997の方がサイズが小さいにもかかわらず値段が高いのは、それだけ高品質な液晶パネルを使用しているからなんですね。それでも、この画面の大きさと画質のバランスをトータル的に考えると、かなり品質が高いモニタと言えます。

24.1インチ製品中では今のところこのモニタが最もお勧めです。

追記:LCD2690WUXi2という後継機種が出ているので、手空き時に画面を確認してこようと思います。

NEC LCD2690WUXi

25.5インチLG H-IPS(IPS方式)
実売16万円前後
最安14万円前後

こちらは一つ上のLCD2490WUXiのワンランク上のモデルです。こちらの機種もLGの液晶パネルを搭載し、LCD2490WUXiの性能をほぼ引き継いでいるのですが、広色度領域モデルという違いがあります。といっても、高精度な色再現性が求められる現場では重宝されるのですが、Web用にはあまり関係ありません。

私の全くの主観ですが、LCD2490WUXiより若干ですがギラツキが少ないように思いますし、文字も大きいのでこちらの方が若干目に優しいかもしれません。

現在はこの機種は生産終了しているようで、流通在庫のみとなっているようです。後継機としてLCD2690WUXi2というのがすでに出ています。そちらも実際に見ましたが、色域が広がっただけでほぼ同じに思いますので安心して購入できると思います。

PR: ビックカメラ.comでモニターをチェックする。

↓もし参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです(^-^)

12/06/30 facebookページ開設しました。RSS代わりにも使いたいと思います。

コメント

eizo さん 2012年11月07日19時08分
RadiForce RX211, RX220などの医療用ディスプレーは、目に優しいでしょうか?
馬場誠 さん 2012年11月07日20時44分
RadiForceは、医療用という特殊な用途で使用することが想定されているので、輝度がかなり高いようです(RX210で600/m2と、標準的なモニタの倍)。これだと疲れやすいかもしれませんね。

実際目にしたことはありませんが、中古でもやはり高そうですし、L997の中古の方が目の優しさ的にはお手頃かもしれませんね。
コーヒーブレイク
本を使った学習を超効率化するブックスタンド
タッチタイプをマスターしよう!
初めてのレンタルサーバー選び
アフィリエイトで学習しながら収入を得る!
学習が驚く程快適に、エルゴノミクスワーキングチェア
目が疲れやすいと感じる方へ、PCの疲れ目対策法
スクール関連
2017/2 ヒューマンアカデミーの資料を頂く機会に恵まれたのでシェアします
Webデザイン用PCの選び方
お勧めの購入方法-BTOパソコンとは
Webデザイン用モニタの選び方
└これを買えば間違いない!お勧めモニタ
後で泣きを見ないためのバックアップ
複数ドメイン対応レンタルサーバー