2010年春時点での、馬場お勧めPCをご紹介します。Dell,Mac,HPのPC等、大手メーカーから選びました。

  • 当ページに記載している情報は執筆当時(2010年11月06日)のものです。
  • 購入される際は、お手持ちのソフト(特にAdobe製品)がOSに対応しているかをお確かめください(ソフトの箱やWebサイトなどに記載されています。Adobe製品の場合は、AdobeのOS 対応状況のページをご覧になると分かります)。
  • 速度が速い・Webデザインに使える・使えないというのは絶対的な指標が存在しません。当ページでご紹介しているのは、個人的な意見であることをご理解くださいね。
  • 液晶一体型PCを除き、基本的にモニタ抜きの構成でご紹介しています。モニタをお持ちでない方は、PCと同時にセットで購入されるか、別途モニタを購入してください(高品質なお勧めモニタは、これを買えば間違いない!お勧めモニタを参考にしてください)。
  • 当ページにはアフィリエイトプログラムを利用して作成されたリンクが含まれます。しかし、報酬目的で、意図に反する商品をご紹介していることは一切ありません。こちらのリンクで購入していただければ文章を書いたかいがあるのでうれしいですが、気に入らない場合は各製品名で検索して直接ご購入ください。

HP Pavilion Desktop PC p6640jp/CT-比較的安くてパワー十分。Webデザイン入門から、プロまで使えるほどの性能。

HPのデスクトップPCの中では(形式上は)エントリーからミドルクラスに位置づけられる製品……なのですが、拡張性が高いので、プロの現場でも余裕で使えるほどの製品にカスタマイズできます(私が普段使っている、数年前に買ったハイスペックPCよりもすでに高性能になっています)。

これ以上のモデルになると、最近は64bitマシンが主流になってしまっているので、まだまだ32bitアプリケーションが一般的な現時点では、こちらを選ぶのもいいと思います(PC初心者の方や、仕事でも使う方は特に)。念のため書いておくと、普通のアプリの場合、64bitの方が早いという訳でもないですしね。個人的にはこのモデルが、今回おすすめするWindowsモデルの中では最も万人にお勧めできる、バランスの優れたモデルだと思っています。

限定500台のキャンペーンモデル

オフィシャルサイトであるHP Directplusで、お得な限定キャンペーンモデルを見つけました。感謝を込めて!ありがとう東京生産500万台記念キャンペーン!!という名のキャンペーンで出されているモデルです。このモデルはCore i5-650搭載でメモリも標準で4Gも搭載されているので、Adobe系ソフトもサクサク動くはずです。また、DVDスーパーマルチドライブも標準でついています。にも関わらず、キャンペーンでこの価格(後述)!これからWebデザイナーを目指す人にはもちろん、すでに学習中の人の二台目としても十分使えるスペックと言えるでしょう。

繰り返しますが、500台限定のキャンペーンモデルなので、迷われている方はお早めに!どれくらい安いのか調べたところ、普通に買うよりもおよそ15000円程度安くなっているようです。 

お勧め構成-良バランスver(執筆時\70,350円)

キャンペーン価格から+7000円ちょっとだったので、グラフィックスだけオンボードから変更しました。これで、スペック的に非常にバランスが良くなります。また、HPリカバリメディアオプションははずしました。※付属ソフトであるリカバリマネージャから作成できるため。ご不安な方はあらかじめオプションとして付けておかれるといいでしょう。ただし書き込みができないDVD-ROMドライブを選択する場合は作成できませんのでご注意を(キャンペーンモデルはDVDマルチドライブがついているので問題ありません)。

  • OS:Windows 7 Home Premium(32bit)
  • CPU:Core i5 -650(3.2/512KB+4MB)
  • メモリ:4GB DDR3 SDRAM (1333MHz, 2DIMM)
  • ハードディスク:250GB(7,200回転)
  • グラフィックス:ATI Radeon(TM) HD 5450(512MB)
製品概要
名称・型番 HP Pavilion Desktop PC p6640jp/C
キャンペーンのページ
メーカー HP
OS Windows® 7 Home Premium 正規版 (32bit)
Windows® 7 Professional 正規版 (32bit)
Windows® 7 Ultimate 正規版 (32bit)
Windows® 7 Home Premium 正規版 (64bit)
Windows® 7 Professional 正規版 (64bit)
Windows® 7 Ultimate 正規版 (64bit)
価格 ¥39,990 円~(執筆時)
CPU インテル® Core™ i3 -540 プロセッサー (3.06GHz/512KB L2 キャッシュ + 4MB L3 キャッシュ)

インテル® Core™ i5 -650 プロセッサー (3.2GHz、TB時最大 3.46GHz/512KB L2 キャッシュ + 4MB L3 キャッシュ)

インテル® Core™ i5 -750 プロセッサー (2.66GHz、TB時最大 3.2GHz/1MB L2 キャッシュ + 8MB L3 キャッシュ)

インテル® Core™ i7 -870 プロセッサー (2.93GHz、TB時最大 3.6GHz/1MB L2 キャッシュ + 8MB L3 キャッシュ)
メモリ 1GB ~8GB
ハードディスク 250GB ~2TB※7,200rpm
グラフィックス インテル® HDグラフィックス(CPU内蔵)
ATI Radeon™ HD5450
NVIDIA® GeForce® GT320
ATI Radeon™ HD5570
NVIDIA® GeForce® GT230
備考 万人にお勧めできるモデル。
32bit版のWindowsを使いたい方へ(64bitOSも選べます)。
キャンペーンモデルがお得です。

Inspiron 580-とにかく安く抑えたい方に

毎季ご紹介していますが、とにかく安く!という方向けです。安いとは言っても、Webデザイン用には十分高性能ですし、カスタマイズにお金をかければ高性能マシンにも変身します(それに、前回ご紹介した時よりスペックアップしているようですしね)。

ついつい値段だけに目をとらわれがちですが、必要なものは付けておいた方がいいですので、じっくり考えてカスタマイズしましょう。

お勧め構成-価格重視ver(執筆時\54,980円)

できるだけ安く抑えつつ、費用対効果が高そうな構成を考えてみました。グラフィックがオンボードでは、長く使うのにちょっと心もとないので、+5000円程度なので専用のグラフィックカードをつけました。他はそのままです。(「ベーシックパッケージ一覧」の中の、執筆時において左から二番目のモデルを選びました。)

  • OS:Windows(R) 7 Home Premium 64bit
  • CPU:インテル(R) Core(TM) i3-550 プロセッサー (3.20GHz, 4MB L3 キャッシュ)
  • メモリ:4GB (2GBx2) デュアルチャネル DDR3-1333 SDRAM メモリ
  • ハードディスク:500GB SATA HDD (7200回転)
  • グラフィックス:NVIDIA(R) GeForce(R) G310 512MB(DVI/HDMI/VGA付)
製品概要
名称・型番 Inspiron 580
メーカー Dell
OS Windows 7 Home Premium 正規版 64ビット (日本語版)
Windows 7 Professional 正規版 64ビット (日本語版)
価格 ¥49,980円~(執筆時)
CPU インテル CoreTM i3-550 プロセッサー (3.20GHz, 4MB L3 キャッシュ)
インテル CoreTM i3-530 プロセッサー (2.93GHz, 4MB L3 キャッシュ)
インテル CoreTM i5-750 プロセッサー (2.66GHz, 8MB L3 キャッシュ)
メモリ4GB (2GBx2)
6GB (2GBx3)
8GB (2GBx4)
※デュアルチャネル DDR3-1333 SDRAM メモリ
ハードディスク320GB
500GB
640GB
1TB
※SATA HDD (7200回転)
グラフィックス インテル HD グラフィックス
NVIDIA(R) GeForce(R) G310 512MB (DVI/HDMI/VGA付)
ATI Radeon HD 5450 1GB (DVI/HDMI付)
NVIDIA(R) GeForce(R) GT 220 1024MB (DVI/HDMI/VGA付)
備考 Dellのサイトでカスタマイズして購入できます。
とにかく安さにこだわりたい方向け。
64bitOSしか選べません(最近こういうの増えましたね)。

Mac mini 320GB MC270J/A-安価にMacを使いたい方に/サブ機として

Mac mini
諸々の理由により画像が掲載できません。Apple Storeでご確認ください。

Macのデスクトップ向けPCの中でも最も低価格なMac Mini。前回の夏にご紹介した時と同じモデルで、これが執筆時の最新型です。本ページの中では最もパワーが小さい機種ではありますが、それでも大幅に見劣りするわけでもありません。

とはいってもこのMac mini、1台目のPCとしてはあまりお勧めはしません。長期的にハードな使い方をする可能性がある1台目なら、iMacか、他のWindowsPCの方がいいでしょう(もちろん1台目でも使えないという訳ではありませんが)。

Apple Storeでカスタマイズ

標準で購入すると、メモリは2GBとちょっと心もとないです。サブとして、例えばブラウザの表示確認用や娯楽的に使うのであればそれでもいいかもしれませんが、Windowsを仮想ソフトで動かしたり、Adobeソフトをゆとりをもって使ったりするにはちょっと足りません。その場合は、ご自分でメモリを交換するか、Apple Storeでメモリを増設カスタマイズして購入されるといいでしょう。4GBくらいあれば、大抵の用途では事足りると思います。

製品概要(カスタマイズ含む)
名称・型番 Mac mini 320GB MC270J/A [2400](Apple Store
メーカー Apple
OS Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)
価格 ¥68,800 円(執筆時)
CPU2.4GHzまたは2.66GHz Intel Core 2 Duoプロセッサ
3MBオンチップ共有二次キャッシュ
1,066MHz フロントサイドバス
メモリ2GB (1GB SO-DIMM×2)、1,066MHz DDR3 SDRAM、SO-DIMM 2スロットで最大8GBをサポート
ハードディスク320GBまたは500GBシリアルATAハードディスクドライブ
グラフィックス NVIDIA GeForce 320Mグラフィックプロセッサ、256MB DDR3 SDRAMメモリ搭載(メインメモリと共有)
備考 モニタやキーボード、マウスがついていませんので注意してください。
Appleのオンラインショップ-Apple Storeだと併せて購入できます。
Apple Storeでカスタマイズして購入できます。
2台目以降として、サブとしてがお勧め。

iMac MC508J/A [3060] -初めてのMacに


諸々の理由により画像が掲載できません。Apple Storeでご確認ください。

Macの液晶一体型デスクトップPCであるiMacの中で、最も安価なモデルです。こちらも前回の夏にご紹介したものと同じモデルで、これが最新型です。安価と言っても、こちらも十分Web制作ができるスペックとなっています。

Mac miniとの違い

Mac miniよりもCPUが高速なものに。そして、独立したグラフィックカードがついているので、グラフィック機能も強いです。メモリも標準で4GBついていますので、スペック的にはこのままで文句なしです。1台目のPCとして購入するのであれば、Mac miniよりも、こちらをお勧めします。ただし当然のことながらメイン液晶を交換できないので、一度店頭でチェックしておいた方がいいでしょう。ツルツルの液晶(グレア液晶)は映り込みが大きいので好きでないという方もいると思いますので。

製品概要
名称・型番 iMac MC508J/A [3060](Apple Store
メーカー Apple
OS Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)
価格 ¥118,800 円(執筆時)
CPU3.06GHz Intel Core i3
メモリ4GB(2GB SO-DIMM×2)1,333MHz DDR3 SDRAM、最大16GBをサポート
ハードディスク 500GB シリアルATA、7,200rpm
グラフィックス ATI Radeon HD 4670、256MB GDDR3メモリ
備考 PC初心者にもお勧め
デザインが秀逸
Apple Storeでカスタマイズして購入できます

iMac MC510J/A [3200] -広いディスプレイで学習したい方に


諸々の理由により画像が掲載できません。Apple Storeでご確認ください。

先にご紹介したiMac MC508J/A [3060]の、2つ上のモデルで、27インチモニタの機種です。前回の夏にご紹介したものと同じモデルで、現在においてもこれが最新型です。

iMac MC508J/A [3060]との違い

夏の記事にも記載しましたが、iMac MC508J/A [3060]との違いは、CPU,グラフィックス,ハードディスクの容量アップと、モニタのインチ&解像度が大幅アップとなります。2560×1440という解像度は、本当にばかでかい広さです。一度にたくさんの情報を表示させることができますので、IllustraotrやPhotoshop, Fireworks, Flashなどの操作がはかどるでしょう。

製品概要
名称・型番 iMac MC510J/A [3200](Apple Store
メーカー Apple
OS Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)
価格 ¥168,800 円(執筆時)
CPU3.2GHz Intel Core i3
メモリ4GB(2GB SO-DIMM×2)1,333MHz DDR3 SDRAM、最大16GBをサポート
ハードディスク 1TB シリアルATA、7,200rpm
グラフィックス ATI Radeon HD 5670、512MB GDDR3メモリ
備考 広い作業領域で学習したい方
デザインが秀逸
Apple Storeでカスタマイズして購入できます

Mac Pro MC560J/A [2800] - 拡張性重視or好きなモニタを使いたい方


諸々の理由により画像が掲載できません。Apple Storeでご確認ください。

夏に引き続き、Mac Proも型番は変わらず。こちらが最新です。Web用途には正直ここまでの処理能力は必要ないのですが、拡張性の高さ(HDDの増設や、カードの追加・交換など)や、好きなモニタを使えてかつ高性能なMacが欲しい方にはこれしか選択肢がありません。

中でもモニタを自由に選べるのが大きなメリットだと思います。iMacはモニタと一体型ですし(デュアルモニタにはできるのですが)、Mac miniなら好きなモニタを使えるけれど、ハードに使うには人にとっては性能が足りない場合もあるからです。

余談ですが、Apple Storeで買えば、ハードディスクの代わりに高速なSSDにカスタマイズして購入することもできます。

製品概要
名称・型番 Mac Pro MC560J/A [2800](Apple Store
メーカー Apple
OS Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)
価格 ¥228,800 円(執筆時)
CPU2.8GHz クアッドコア
Intel Xeon “Nehalem”
8MB共有L3キャッシュ
メモリ3GB(1GB DIMM ×3)1,066MHz DDR3 ECC SDRAM
ハードディスク 1TBシリアルATA(3Gbps)、7,200rpm
グラフィックス ATI Radeon HD 5770 1GB GDDR5メモリ、Mini DisplayPort出力×2、デュアルリンクDVI video出力×1
備考 拡張性を重視したい方
好きなモニタを使いたい方
プロ気分を感じたい方(笑)

HPE-390jp/CT-高性能なWindows PCが欲しい方

執筆時点での、HPデスクトップ個人向け最上位モデルです。カスタマイズできるHP Directplusモデルですが、さすがに最上位モデルだけあって、本当に超高性能です。Webデザインに限らず、いろいろPCでやってみたい・または処理を待っているストレスをできるだけ減らしたい、というニーズに最適です。

お勧め構成-体感速度爆速ver(執筆時\144,900円)

HPE-390jp/CTは、最低カスタマイズ構成でも超高性能です。ですがこのクラスを購入する人にとっては価格だけではなく総合的な満足度を求められるでしょうから、ちょっと考えてカスタマイズしてみました。1stドライブに爆速のインテルSSDを入れて、2ndドライブをデータ用とすることで、体感速度がものすごく向上するはずです(本当は後から自分で換装したほうが安いんですが、保証の問題があるので最初から付けておくことも選択肢の一つです)。動画編集をする人は、さらにCPUもグレードアップするといいでしょう。

  • OS:Windows® 7 Ultimate (64bit)
  • CPU:Core i7 -930 (2.8 GHz-最大3.06GHx)
  • メモリ:6GB ( 2GB x 3 )
  • ハードディスク:インテル製 80GB SSDドライブ(厳密には“ディスク”ではありません)
  • 増設用:1TBハードドライブ(7200回転)
  • グラフィックス:NVIDIA GeForce GT320
製品概要
名称・型番 Pavilion Desktop PC HPE-390/CT
メーカー HP
OS Windows® 7 Home Premium 正規版 (64bit)
Windows® 7 Professional 正規版 (64bit)
Windows® 7 Ultimate 正規版 (64bit)
価格 ¥99,960 円~(執筆時)
CPU インテル® Core™ i7 -930 プロセッサー
(2.8 GHz、TB時最大 3.06GHz/1MB L2 キャッシュ + 8MB L3 キャッシュ/QPI 4.8GT/s)

インテル® Core™ i7 -960 プロセッサー
(3.2 GHz、TB時最大 3.46GHz/1MB L2 キャッシュ + 8MB L3 キャッシュ/QPI 4.8GT/s)

インテル® Core™ i7 -980X プロセッサー エクストリーム・エディション
(3.33 GHz、TB時最大 3.6GHz/1.5MB L2 キャッシュ + 12MB L3 キャッシュ/QPI 6.4GT/s)
メモリ 6GB ( 2GB x 3 ) / 9GB ( 2GB x 3 + 1GB x 3 ) / 12GB ( 2GB x 6 / 4GB x 3 ) / 18GB ( 4GB x 3 + 2GB x 3 ) / 24GB ( 4GB x 6 )PC3-10600 ( 1,333MHz )
ハードディスク 500GB / 1TB / 1.5TB / 2TB / 1TB x 2(RAID 0,1) / 1.5TB x 2(RAID 1) ATA 3Gb / s ( 7,200rpm )
80GB / 160GB SSD
グラフィックス NVIDIA® GeForce® GT320
NVIDIA® GeForce® GT230
ATI Radeon™ HD5570
ATI Radeon™ HD5770
NVIDIA® GeForce® GTX260
NVIDIA® GeForce ® GTX460
備考 高性能なWindows PCが欲しい方。

↓もし参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです(^-^)

12/06/30 facebookページ開設しました。RSS代わりにも使いたいと思います。