.htaccessを有効にする

Apache(アパッチ)の設定ファイルであるhttpd.confを修正し、.htaccessを利用を有効・無効に設定する方法をご紹介します。

独学!未経験からWebデザイナーになる!! > テクニカルノート > テスト用Webサーバーの設定 > .htaccessを有効にする

.htaccessを有効にする

2022/06/01 副業・フリーランスの実務が不安な方へ。
馬場の個人サイトで、試験的に副業・フリーランス実務トータルサポートを1時間から利用可能にしました。 また、単発相談もやってます。ココナラなどで案件を始める際等にご利用ください。

.htaccessは、httpd.confにて利用可能な設定になっていないと使えません。初期状態で有効になっている場合もありますが、もし有効になっていない場合のために、.htaccessを有効に設定する方法をご紹介します。

当サイトに記載されているものは、全て学習目的のローカルテストサーバー向けです。その他の用途には適切でない可能性もありますのでご注意下さい。

.htaccessの有効・無効を指定する記述方法

まずは先に指定方法を確認しましょう。.htaccessの許可設定を変更するには、AllowOverride ディレクティブというものを使用します。具体的には、

AllowOverride [ キーワード]

というような指定をします。[ キーワード ]部分に特定のキーワードを記述することにより、許可する項目を指定できます。その指定方法を見ていきましょう。

.htaccessを無効にする

.htaccessを無効にするには、[ None ]を使います。

AllowOverride None

.htaccessを有効にする

.htaccessを有効にするには、[ All ]を使います。

AllowOverride All

ローカル環境であれば、この二つだけ覚えておけばかまわないと思います。しかし実は、特定の機能にしぼって許可することも可能です。興味のある方はApacheのマニュアルを覗いてみるといいでしょう。

<Directory> セクション内に記述する

これらの指定は、httpd.confの<Directory>~</Directory>セクション内に記述します。それ以外のところでは利用できませんので注意してください。

実際に有効に設定する

さて、それでは.htaccessを実際に有効にしてみましょう。

大本であるディレクトリの設定を確認する

まずは、一番の大もとであるディレクトリ全体の設定を見てみましょう。httpd.confの基本ディレクトリ設定である<Directory />~</Directory>で挟まれた部分を見てみます。ちなみに私の設定は下記のようになっていました。

<Directory />
~中略~
AllowOverride None
~中略~
</Directory>

ここの赤字の部分である、AllowOverride None というのは.htaccessを許可しないという意味です。もともとこのような記述になっていると思いますが、基本的にこの部分はAllowOverride Noneが相応しいでしょう(テスト用なのでここで有効にしてもかまわないかもしれませんが、適切な部分にのみ設定する癖を付けることは大事です)。

適用したいディレクトリを決める

次に.htaccessの設定を変更したいディレクトリを決定します。ローカル用のテストサーバーなら、ドキュメントルートディレクトリでいいでしょう。今回はD:/wwwというディレクトリ(実際にはフォルダ)に、.htaccessの設定をするということを例に解説します。他のディレクトリに設定したい方は、D:/www部分を読み替えてください。

まずは下記のように表記されている場所を探します。もしなければ、作ってください(~中略~の部分は実際にはいりません)。

<Directory "D:/www">
~中略~
</Directory>

上記の<Directory "D:/www">から</Directory>に挟まれた間に設定を施します。

設定する

さて、本ページの最初に解説したことのおさらいです。具体的にどのような指定をするかを確認してみましょう。

AllowOverrideが存在しない場合

AllowOverrideがディレクティブが、<Directory "D:/www">内に記述されていない場合は、AllowOverride Allをしましょう。

<Directory "D:/www">
~中略~
AllowOverride All
~中略~
</Directory>
AllowOverrideがすでに存在している場合

AllowOverrideがディレクティブが、<Directory "D:/www">内にすでに存在している場合は、AllowOverrideの後に記載されている部分を見てみましょう。

<Directory "D:/www">
~中略~
AllowOverride None
~中略~
</Directory>

この場合はNoneになっているので、下記のようにAllに変更します。そのまま修正するよりも、コメントアウトして、新規追加する方が、初心の方にはお勧めです。

<Directory "D:/www">
~中略~
# AllowOverride None
AllowOverride All
~中略~
</Directory>

上記を保存してApacheを再起動すれば設定が反映されます。念のため補足しておきますが、上記はローカル用です。本番サーバーの場合は、サーバ管理者と相談してくださいね。

↓もし参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです(^-^)

12/06/30 facebookページ開設しました。RSS代わりにも使いたいと思います。

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

テクニカルノート
環境環境のインストール
Apacheのインストール for Windows
XAMPPのインストール for Windows
MAMPのインストール for Mac
Perl(ActivePerl)のインストール for Windows
PHPのインストール for Windows
MySQLのインストール for Windows
PostgreSQLのインストール for Windows
テスト用Webサーバーの設定
外部からのアクセスを制限する
ドキュメントルートを変更する
バーチャルホストを設定する
├.htaccessを有効にする
CGIを有効にする
.htaccessの設定
エラーページを指定する
特定のファイル・ディレクトリのアクセスを拒否する
簡易的なユーザ認証をする