Webデザイナーの適性

ウェブデザイナーに向いている人はこんな人!現役Webクリエイターの馬場が、Webデザイナーの適性について考えてみたいと思います。

独学!未経験からWebデザイナーになる!! > Webデザイナーを知る > Webデザイナーの適性とは?

Webデザイナーの適性とは?

いろいろな職業に適性というものがあるように、Webデザイナーにも適性というものがあるように感じます。このページでは、私が今までWebデザイナーをしてきて感じた、「こういう人がWebデザイナーに向いているんじゃないか」ということを挙げてみたいと思います。

とは言っても、下記で挙げるものにあてはまらなければ、Webデザイナーに向いていないという訳ではありません。それに、「Webデザイナーに向いている・向いていない」ということと、「Webデザイナーになりたいと思う気持ち」は別物ですしね(なりたい!と心から思えるのであれば、目指せばいいと私は思います)。

私が考えるWebデザイナーの適性

直接的なものから、非常に間接的なものまで。こんな人が向いているだろうな、という項目を、いろいろ絞り出してみました。

コンピュータが好き

私が思うに、これが最も基本的なことだと思います。コンピュータを始め、インターネットやテクノロジーなどコンピュータに関連すること全般が好きだということは、Webデザイナーとして最も重要な適性の一つだと思います。

いや、正確にはコンピュータが好きな人は、Webデザイナー“だけ”が向いているというわけではありません。極端な話、Webデザイナーだけではなく、プログラマでもDTPデザイナーでも、コンピュータを使う職業ならなんでも応用がきいてしまう要素と言えるでしょう。

こういうタイプの方とお会いすると、すぐに分かります。彼ら彼女らはコンピュータが好きなので、学ぶのがまったく苦ではありません。というか楽しいのです。好きこそ物の上手なれ、と言うように、あっという間に知識を吸収するので、移り変わりが速いこの業界にもピッタリと言えるでしょう。

細かい部分にもとことんこだわる

Webデザインは、モニタ上に表示されるWebページを作る作業です。コンピュータで画像を扱うときの最小単位はピクセルというのですが、その中のたった1ピクセルでもデザインに大きな影響を与えることさえあります。そのような細かい部分にもこだわれるようなタイプは、きっと良いWebデザイナーになれるはずです。

工作や裁縫など、細かいことでも長時間できるような人は適性がある可能性が高いでしょう。

新しいものが好き

この業界は絶えず新しいものや技術が飛び込んできます。現在では常識と言われていることが、数年後には非常識になっていることすらあります。その新しいものは、今やっている仕事を大幅に楽にしてくれることもあるので、積極的にアンテナを立てておきたいところです。

新しいものが好き、つまり流行の最先端をいく人は、この業界にも向いていると言えるでしょう。

知識にどん欲

「新しいものが好き」と共通する部分もありますが、技術の移り変わりが激しいこの業界は、常に新しい知識を身につけていく必要があります。もちろん基本的なことができればWeb制作はできます。しかし、デザイナーだからデザインだけできればいい等というこり固まった考えでは、いつか取り残されてしまうかもしれません。

必ずしも常に能力を向上しなければならないという訳ではありませんが、人から言われなくても自分から知識を広めていけるような人は、適性があると言えるでしょう。

美しいものが好き

これ、個人的に結構大切だと思います。ウェブ上にかぎらず、世の中にある美しいものが好きな人は、きっとWebデザイナーに向いていると思います。

通常、何かを美しいと思うには、その人なりのフィルターを通して美しい、美しくないを判断していますよね。Webデザインも全く同じで、このような判断を通じてWebデザイナーはデザインをしているのです。

もちろんWebにはWeb独自の美しさがありますので、現実世界の美しいものが好きだといってもWebに応用できるわけではありません。しかし個人的な意見ではありますが、こういった感覚を既に持っている人は、なんとなくWebデザイナーに向いていそうに思うのです。

おっと、これがあてはまらなかったからといってがっかりしてはいけません。この点はWebデザイナーになることにより、遅かれ速かれこのような感覚はいずれ芽生えてくるとは思います。「そんなこと考えたことなかった」という人でも、あまり気にしなくてOKです。

責任感がある

どの業界でも言えることですが、責任感というのは非常に重要です。この業界はお客さんあっての商売ですから、時にハードなスケジュールになることもあるでしょう。そんな時にも絶対に完成させるぞ!という責任感がなければつとまりません。

一度交わした約束は必ず守る!という心意気のある人はバッチリですね。

コミュニケーション能力がある

Webデザイナーはお客さんの要望を形にする仕事。ですから、お客さんと直接コミュニケーションがある場合は、お客さんの要望を引き出すことが求められます。

お客さんはWebに精通した人とは限りません。いや、むしろ何も知らないことの方が多いのです。ですから、自分自身で何を作りたいのかすら分からないこともありますし、分かっていてもうまく伝えられないことさえあります。これをうまく引き出してあげなければなりません。

業界の第一線で活躍するレタッチャーの村山輝代氏は、+DESIGNING the フォトレタッチの中で、「クライアントが話すひとつの言葉に込められた、無限の意味を探ることから仕事が始まります。」とおっしゃっていますが、まさにその通りだと思います。

ここで「でも、自分はコミュニケーションが苦手だからなぁ」と思ったあなた。それは心配無用です!コミュニケーション能力は打合せを重ねるごとにだんだんうまくなりますから安心してください。数をこなせばうまくなる、これは断言できます。

適性について思うこと

こうやってみると、適性と言っておきながら、後から伸ばせる項目ばかりだなぁと思います。Webデザイナーをやっていれば大部分の人が、コンピュータを楽しく感じるでしょうし、小さいところにもこだわりたくなります。新しい技術だって試したくなるでしょう。

なかでも美意識や責任感、コミュニケーション能力などは、働いている内に絶対に身についてきます。つまり、Webデザイナーになってから伸ばしても全然かまわないのです。ですからこれらの項目は、書こうか書かないか迷ったくらいです(笑)。身構えてしまった方も安心してください。

最後に

個人的な考えですが、あまり適性などにこだわらず、どんどん前に進んでいってほしいと思います。人生は前進あるのみ、実際になってみなければ、本当に自分に向いているか・向いていないのかなんて分かりませんからね。

ここまで書いておいてなんですが、このページの適性はあくまでも参考程度にし、できる限り自分の信じる道を進むことをオススメします。

自分のやりたい道に進んだ方が、後になって悔いが残ることはありませんからね!

↓もし参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです(^-^)

12/06/30 facebookページ開設しました。RSS代わりにも使いたいと思います。

コメント

Takeshi_Murakami さん 2013年04月25日09時46分
やる気が増しました。自分で言うのもおかしいですが、デジタルでもアナログでも、美しさ・繊細さ・丁寧さは常にどんなことにも気になっていました。
馬場誠 さん 2013年04月26日22時15分
Takeshi_Murakami さん
美しさのこだわり、これは本当に大事だと思います。
Webデザイナーにお洒落な人や、こだわりの物を持つ人が多いのも、そのためかもしれません。
これから楽しんで学べるといいですね☆
makomako さん 2016年01月17日14時12分
自分にむいている仕事はないと思っていたので、これをみて安心しました。
Webデザイナーを知る
Webデザイナーってどんな仕事をするの?
どんなソフトウェアを使用するの?
どんな流れでWebサイトを作っているの?
Webデザイナーの働き方は?
収入(年収・月収)はどれくらい?
Webデザイナーの将来性は?
├Webデザイナーの適性とは?
Webデザイナーになるのは簡単?
Webデザイナーになるにはどのくらいお金がかかる?
業界未経験でもWebデザイナーになれる?
Webデザイナーの世界を体験してみよう
おまけ : FAQ-よくある質問と回答