学習で大切なのは何よりも実践すること

Webデザインの学習になによりも大事なのが実践すること。暗黙知や実践力などについて説明します。

独学!未経験からWebデザイナーになる!! > Webデザイナーになる > Webデザイナーの独学学習法 > 学習で大切なのは何よりも実践すること

学習で大切なのは何よりも実践すること

楽しんでやることが究極の学習法でお話しした、プロフェッショナルの話を思いだしてください。彼ら彼女らがなぜものすごい量の知識を記憶しているのかというと、実は「楽しんで学習しているから」という理由だけではありません。もう一点、お話ししておきたい大きな理由があります。

実践するから能力がつく

それは、なによりも学習したことを実践、つまり実際に試しているということです。彼ら彼女らが学習する目的は、暗記するためではなく、新しいことを覚えたいから・はたまた楽しいからです。洋服好きな人が新しい洋服を買ってきたら、家に帰るなりワクワクしながら着てみますよね。それと同様に、新しい知識を仕入れたらそれを試しているのです。それが重要なポイントとなってきます。

楽しむこと+実践

前ページでお話しした「楽しむこと」が抽象的な心がまえだとしたら、「実践」は覚えたことを実際にやってみるという、具体的な行動です。この二つを併せることより、さらなる相乗効果が期待できる。これが学習の基本だと私は考えます。

とは言っても、実践すれば覚えられると言われても、それだけでは説得力がありませんよね。ですが、ここでも当カテゴリで何度もでてきている、脳科学的 な観点から見ると理由が見えてきます。

記憶の種類

頭の中に情報を入れ、覚えておくことを記憶といいますが、 実はいくつかの種類が存在することはご存じでしょうか。この記憶の種類には、それぞれ興味深い特徴があります。

ここでは、本ページのテーマである、実践の効果について説明する上で必要な二つの記憶についてご紹介します。

経験記憶

一つめは経験記憶という記憶。簡単に言えば、自分の過去の体験が絡んだ記憶です。例えば、

  • 「ずっと前からほしかったものをついに買ったこと」
  • 「仕事で大活躍してほめられたこと」
  • 「知人と大げんかしたこと」

このような感じです。さらに言えば、それに関連することもついでに覚えていることが多い。例えば、ほしかったものを買ったことなら買ったお店。ほめられたことなら、ほめられた相手やその内容など。けんかしたことなら、そのきっかけや場所などです。

これらは不思議なことに、覚えようとしていなくても、思い返すとけっこう出てくるものです。特に、うれしい、楽しい、悲しいなどの強い感情が伴っているものは、ことさら強い記憶となっているはずです。しかも覚えやすいだけではなく、後述する知識記憶に比べ、忘れにくいという特徴もあります。

なるほど、たしかに十年以上前のことでも色鮮やかに思い出せることもあります。そんなことからも経験記憶のすごさが分かりますよね。(中には早く忘れたいこともありますが(^^;)

知識記憶

二つ目は知識記憶。こちらは、いわゆる勉強など、経験が伴わない知識や、情報など、なんらかのきっかけがないと思い出せないような記憶です。簡単に言えば、学校で勉強して覚えるようなものは、ほとんど知識記憶に入ります。人の名前などもそうですね。

知識記憶は、意識して覚えようとしないとなかなか覚えられません。一度で覚えられないことも多く、一般的には意識・無意識に関わらず、反復することで覚えます。

しかし残念なことに、知識記憶はいったん覚えても非常に忘れやすい記憶。しばらくその記憶に触れないと簡単に忘れてしまうことも多いです。学生のころ必死に覚えたことでも、大人の日常生活で利用しない知識はほとんど忘れてしまうことからも分かりますね。

実践は経験記憶につながる

さて、二つの記憶をご紹介しましたが、書籍などを読んで学習するのはどちらの記憶になるでしょうか。お分かりだと思いますが、基本的に知識記憶となります。知識記憶というのは反復が必要で、忘れやすい記憶だと言うことは先ほど書きましたよね。ですからHTMLのタグやCSSを暗記しようとしても忘れてしまうのです。

しかし、知識記憶プラス実践を行うことにより、知識記憶を経験記憶に近づけることができます。キーボードを叩き、マウスをクリックし、両目で見るという行為は、書籍を読んだだけの記憶よりも強固になるのは当然です。

それだけではありません。「本で読んだことを試してみたら、実際には○○がうまくいかなかった。だけど試行錯誤して○○のようにやったらうまくいった」とか、「友達に『それあなたが作ったの?すごいじゃん』とほめられた」とか、実際にやってみるといろいろな出来事が起こります。

加えて、できなかったことができた達成感や、ほめられた喜びなど、感情が伴うこともある。つまりこれらが組み合わさることにより、記憶がより強化されるのです。これは、書籍をただ読んだだけの記憶とは、比べものにならない程の違いとなります。

学んだことは実践しよう!

学んだことを実際にやってみることの重要さは十分にお分かりいただけたのではないでしょうか。つまり、本を読むだけ、知識を詰め込むだけの学習は、非常にもったいないことなのです。

知識を仕入れたら必ず実践する、これを忘れないようにするといいでしょう。

↓もし参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです(^-^)

12/06/30 facebookページ開設しました。RSS代わりにも使いたいと思います。

コメント

HI さん 2012年06月15日22時18分
はじめまして、馬場さんの紹介している通りに、勉強しています。
しかし、画像を表示しようとしたら、「このコンピュータが差出人に識別されることを予防するため、画像がブロックされています。」と出て、画像が表示できません。
いろいろやってみましてが解決できません。よいアドバイスをお願いします。
ちなみに、windows7、internet Exolorerです。
馬場誠 さん 2012年06月16日11時33分
HIさん、はじめまして。

Windows7のプレビュー機能(Explorer)でご覧になっていないでしょうか。その場合、Internet Explorerで見れば大丈夫だと思います。※通常はファイルをダブルクリック、または右クリック→プログラムから開く→Internet Explorer

違う場合は、どのように操作して、どのようなタイミングでその表示が出るのかの詳細や、「~画像がブロックされています。」の後のメッセージも正確にお書きいただけると、アドバイスしやすいです。
HI さん 2012年06月16日23時14分
忙しいところに、質問をしたHIです。
今日、自分でいろいろしていたら、画像がでました!!
紹介していただいた「HTML/XHTML&スタイルシート レッスンブック」をすすめていきます!!
また、わからないことがあれば、質問します。
HI さん 2012年06月16日23時30分
アドバイスありがとうございます。
「HTML/XHTML&スタイルシート レッスンブック」おわったら
次に、おすすめの教本は、紹介されているなかのどれでしょうか?
馬場誠 さん 2012年06月17日12時32分
とっかかりの本は「HTML/XHTML&スタイルシート レッスンブック」がいいと思うのでお勧めしていますが、その後からは残念ながら「これだ!」的な定番はまだ見つけられていません。

とにかく今は簡単なものがいいので、書店でパラパラとめくって「簡単そう!」と思われる本を探してみられるといいでしょう。

なお、当サイトにお越しの方で、「HTML/XHTML&スタイルシート レッスンブック」の後で、同シリーズのHTML/XHTML&スタイルシートデザインブックを読んだら分かりやすかった、という情報をいただいたこともあります。

先述の本は私はまだ読んでいませんが、同シリーズの本は比較的評価が高いので、はずれはないと思いますよ。

(※1通目の方が、別のページで投稿されていましたので、こちらに移させていただきました)
HI さん 2012年06月17日18時22分
ありがとうございます。
さっそく購入したいと思います。
また、わからないこと等あると思いますので、よろしくお願い致します。
馬場誠 さん 2012年06月18日12時49分
はい、お気軽にご投稿くださいね。
学習、楽しんでください☆
Webデザイナーになる
学習環境を整えよう
用意すべきソフトウェア
Webデザイン用のPC/モニタ
文字表現を豊かにするフォント
動作&表示チェック用のブラウザを入手しよう
テストサーバーを立てよう
学習前のプランニング
最低限学習しておきたい基本スキル
どんなWebデザイナーになりたいですか!?
独学?学校?学習方法について
目標を明確にし、期限を設定しよう
Webデザイナーの独学学習法
やってはいけないWebデザインの学習法
楽しんでやることが究極の学習法
├学習で大切なのは何よりも実践すること
80対20の法則を意識した学習をしよう
Webサイトを作って作って作りまくれ!
情報を発信することで学ぶ
学習TIPS
良いサイトをたくさん見よう
デザインのお手本はWebの中だけじゃない!
Web制作会社で働くことが最強の学習!
一流クリエイターを気にしてはいけない!
学習の効果はすぐには表れない
学習者にとっての強力な教材-本
馬場が読んだWebの学習に役立つ本
上手な本の選び方
上手な本の選び方-ネット編
本の有効活用法
Webデザイナーの就職・転職に役立つ資格